メニュー開発・レシピ開発・食と商品のブランディングなど食に関するコンサルティングを行います

書籍

『ミス日本の美人食: 「スタイルキープ」と「美肌」の食事法』

出版社:小学館 発売日:2017/01/19
book09

こちらの本は50年前から提唱している「ミス日本式」の実用書!
1回の食事で食品9品目を摂取して、たくさん食べて、美しく健康的にやせる「9品目食事法」の、特におすすめの「美人食」全56レシピを紹介。こちらのレシピを開発監修させて頂きました♪
ただの糖質オフではなく、筋力や肌のハリを保ちミネラルやたんぱく質を取り入れるか、、。
そんなことを大切に、取り入れやすく、実践継続しやすいレシピを作りました!

『アーモンドミルクのチカラ』

出版社:主婦と生活社 発売日:2015/03/30
book07

アーモンドミルクは、ノンコレステロールで、ビタミンEたっぷり 体や美容にとっても効果的な栄養素はもちろんですが、アーモンドミルクを普段の料理に使うとコクが生まれたり、まろやかな味にまとまったり・・ 美味しくなるのにカロリーは大幅ダウンでいいことづくし!簡単なおかず〜おやつ〜スープなど毎日作れるレシピ満載です。

『塩レモンのチカラ』

出版社:主婦と生活社 発売日:2014/07/03
book06塩レモンはモロッコでは昔から愛されてきた調味料。日本でも人気に火がつきました。レモンと塩さえあればできます。時間が経つにつれ味わいに丸みが生まれて、まるで梅干し感覚ですね。 減塩効果やレモンの効用も期待できる上、色んなお料理の下味や、レモン丸ごと加えてお料理からスイーツにも使えます。 一番のこだわりは、なるべく材料も少なく、どなたでも成功できる手順とレシピ!目にも鮮やかな塩レモンをたくさん使って健康にも役立てて欲しいです。

『私のコメパン5週間』

坂口もとこ著 出版社:徳間書店 発売日:2013/3/31
book08GOPANフルマスターの指南書としてレシピをつくりました。最初の1週は基本のパンをマスターして、だんだん難しいメニューにもチャレンジできる流れになってます。5週間の全メニューをクリアして、お店のようなパンもお家で楽しんでもらえたら幸いです。本の装丁も珍しいカレンダースタイル。お米パン、お家パンをもっともっと楽しんでもらえますように!

『パンの基礎知識 (食の教科書)』

出版社:エイ出版社
book05パンの作り方はとてもシンプル。 だからこそ基本の素材を知ることで、パンの世界はもっと広がっていきます。 パン屋さんに教わるおいしいアレンジレシピや失敗しないためのパンづくりQ&Aなど、パン好きなら持っておきたい1冊です。 「パンの保存方法やパンの再利用レシピ」を担当させて頂きました! 焼きたてパンも少し堅くなったパンも是非楽しんで美味しく食べましょう!

『パナソニックのGOPANとホームベーカリーでつくるいつもほかほかパンのあるおいしい生活』

  • 坂口もとこ 著
  • 出版社:徳間書店 発売日:2012/01

book04お米からパンができる驚きのGOPAN。多くの人に浸透してきたホームベーカリー。レシピは多く世の中に出回っていますが...この本は、パナソニックさん推奨を頂いた特別な本となりました!(涙)作る楽しさ。美味しさ。身体への優しさ。パンと食べたいお料理。だれでも失敗しないレシピ。そんな事を心がけてメニューを考えた渾身の一冊です!

『ホームベーカリーで「ごはんパン」』

  • 坂口もとこ 著
  • 出版社:株式会社グラフグループパブリッシング(グラフG.P)
  • 発売日:2011/12/26

book03ホームベーカリーに炊いたごはんを入れて作る「ごはんパン」。ビックリする程、モチモチふわふわで、翌日までそのままの美味しさ!「ごはんパン」のレシピを食事系からおやつ系まで幅広く64レシピを紹介。ホームベーカリーの旧機種から新機種まで、全て対応してます。ごはんパンの新しい美味しさ、試してみて下さい。

『わたしの料理教室のはじめかた。』

  • 「わたしの料理教室のはじめかた。」編集部 著
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ 発売日:2010/04/23

book02私の教室も紹介頂いてます。教室オープン6年目の記念となりました。改めて、教室って色々。なんだかステキな教室っていっぱいあるんですね。こんなところに混ぜてもらっちゃって、嬉しいやら、冷や汗でるやら。笑。

『野菜ソムリエのベジ鍋』

  • 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会 著
  • 出版社:小学館 発売日:2009/12/09

book01もやし・なす・カリフラワー・ブロッコリー・かぼちゃ・水菜をメインに、12品担当させてもらいました。鍋だからこそ、手軽に作れて、皆が食べやすい味♪主婦目線で材料を多くせず、シンプルなレシピ♪野菜の美味しさを鍋で再発見!

PAGETOP